【時短料理】村田吉弘先生の自家製だし醤油――めちゃ簡単、なのに抜群の味バランス!

中華の調味料の話が続いたので、今日は和食の調味料について。

f:id:greensubmarine:20211012103933j:plain

和食も、レシピに「醤油、みりん、だし」と毎回同じような調味料が登場しますね。

毎回ちゃんと計量して入れてもいいんですが、調味料が3種類以上あると、めんどーって感じ。

もうやっぱりね、合わせたのを前もって作っておくのが正義だと思う。

これを基本に、甘目にしたければ砂糖をプラス、辛目には塩プラス、とかすればいい。

 

市販の麺つゆとかも美味しいんですが、今日ご紹介するだし醤油は、変な外食っぽい味がなく自然で、味のバランスも抜群なんです。

1度作れば、数カ月余裕でもちます(冷蔵庫保管しています)。

和食全般の味付けに使えますが、私は肉じゃが等の煮物に使うことが多いです。

もうわが家は、この「だし醤油」なしに和食は作れません…。

f:id:greensubmarine:20211012104119p:plain

レシピは京都で料亭を経営しておられる料理人、田吉弘さんの考案。

村田さんといえば、「和食」をユネスコ無形文化遺産にした功労者ですね。

「だし」の大切さを世に説く、伝道師です。

この「だし醤油」も、昆布とかつお節たっぷり使うんですが、むちゃ良いだし出ますよ!

だしの効いた料理は、それだけで美味しさレベルアップ、満足度が違います(^^♪

 

【材料】

約500ml分

醤油 カップ1.5

酒 カップ1.5

みりん カップ

昆布 10g

削り節 20g(だしパック数個に入れておくと、後で漉さなくてよい)

【作り方】

①鍋に材料を全て入れて、火にかける。

②煮立ったら弱火にし、煮汁が2/3量になるまで、15分ほど加熱します。

③火から下して冷まし、ざるで漉して、昆布と削り節を取り除く。

削り節をだしパックに入れている場合は、そのまま取り除くだけなので簡単です。

 

私は出来上がった「だし醤油」を、100均で買ったじょうご(漏斗)でペットボトルに移し替えています。

f:id:greensubmarine:20211012104154p:plain

500mlサイズのペットボトル(自販機サイズ)1本分くらいになります。

うちは4人家族なので、これで十分ですが、倍量にして一気にたくさん作ることもできます。

シンプルな「だし醤油」ですが、さすが村田さん、塩気、甘味、うま味のバランスが絶妙で、もう味付けはこれ1本におまかせ!です。